『2020年の土用の丑の日はいつ?』

今年の土用の丑の日は2回ある

2020年の「土用の丑の日」ですが、今年の土用の丑の日は2回、7月21日[火]と8月2日[日]が該当します。
その理由を説明しますと、旧暦の数え方と関係してきます。「土用」とはそもそも立夏・立秋・立冬・立春直前の約18日間の期間を示す用語で、旧暦では1日1日を十二支(子・丑・寅・卯、、、)で数えていたので、「土用」も十二支を順番にあてていくと、土用で2回「丑の日」が来ることがあります。2020年の立夏は正に「丑の日」が2回巡ってくる年で、7月21日と8月2日が『土用の丑の日』となります。
7月21日[火]を「一の丑」、8月2日[日]を「二の丑」と呼び、通常は最初に訪れる「一の丑」を一般には鰻を食べる『土用の丑の日』としてとらえ、スーパーや小売店では鰻の特売を行ったりしています。ちなみに、今年は立秋の「土用の丑の日」は10月25日[日]で、立冬は11月6日[金]です。
来年、2021年の土用の丑の日は、1月17日、1月29日、4月23日、7月28日、8月1日、10月20日、11月1日となり、来年も立夏の「土用の丑の日」が2回巡ってくる年です。
(うなぎ_Style編集部)

関連記事

  1. ローソンで2021年「土用の丑の日」向け『うなぎ蒲焼重』の予約がスタート

  2. Webからでも予約OK!ファミリーマートの2021年うなぎメニューが予約受付スタート